ある日、古道具屋さんの店奥で見つけたシミの付いた棗(なつめ/茶道具で抹茶を入れる容器)を見つけ、「うーん、お稽古用には良いかもね」と元に戻して店を出ました。

それから何故か、もう表舞台に出る事の無いその棗が気になり、後日、またその古道具屋に。家でそのシミの付いた棗をどうにかまた表舞台に立たせる事は出来ないかと試行錯誤し、生まれたのがこのREBORNシリーズです。

茶道を通じて、人々にアートを楽しんでもらいたい、人と人を紡いでささやかな幸せを感じてもらいたいという願いを込めて。